2015年07月27日

[エリミネーター]キャブの例のアレキャンセル

こんばんはマチョ鍋です( ゚∀゚)ノ

今年はあんまりバイクで走ってないわいじってないわのシーズンですが、8月は少し走る機会が増えそうなので少しづつ準備を進めています。


春にキャブレターをオーバーホールしたエリミネーター250LX。
瀕死のバッテリーはお亡くなりになったので新しいバッテリーを買ってあげました
A63764B5-1F99-40C6-9000-216A0F104376.jpg


ネットで買った安物バッテリー。開放型の9L-A2と同じサイズでなぜかMFのがあったのでこれにした。(国内メーカーでは無いので)
輸入バッテリー万歳。
でも端子締め付けるのにボルトが短すぎる。
輸入バッテリー万歳。


そしてエリミネーターのエンジンが抱える問題点にもメスを入れる。

高回転からエンブレを使うと再加速で息つきが起こる不具合です。

ふつう息つきが起こらないようにキャブレターにはエアカットバルブという装置が付いている事がある。

エンブレ時にスロージェットと混合する空気を規制してスローを濃くする機構。

しかし、エリミネーターのキャブを整備した時に付いていたバルブはエンブレ時にスロー経路にもっとたくさん空気が送られるようになってんのね。

なんでそんな事するのか全く謎。

アフターファイア対策?

昔このキャブ弄ったバイク屋がなんかやらかした?


しかし昔GPXに乗っていた事があるK-maxからも同じ挙動があったという証言もあり、どうやらこのエンジン生来の意味不明設計のようなのです。

というわけなので試しにこのバルブを無効化してみる事にしました
A7BDD06F-9694-43A4-BEF1-FF608C86395C.jpg


インテークマニホールドの負圧取り出し口のキャップを2つ用意。


エアバイパスバルブ(?)の負圧取り出しホースを外してキャップを取り付けます
2F5CA3B3-A62F-4882-B3A1-BE846F8C6CFD.jpgAF447551-6653-4385-A0C1-E88A81A6ED89.jpg


これで完成
178C23F1-1DF4-4E50-9324-F9D370477BA1.jpg


試しに走ってみる。

以前よりも全体的にアクセルレスポンスが軽くなった!

ただし息つきは完全には消す事はかなわずでした。
かなりスムーズに繋がるようにはなったのですが、後一息。
これ以上はちゃんとしたエアカットバルブか加速ポンプが必要でしょう。

つまりノーマルのキャブではこれ以上改善できんのか?(´・ω・` )


ちなみにこの処置によってアフターファイアが出ることもなかった。
ただ調子が良くなるだけだった。


どっかにFCRでも転がってないかなぁ?└(՞ةڼ◔)」


posted by マチョ鍋 at 23:29| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エリミネーター250LX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする