2016年08月27日

[KLX]IMSビッグタンクはいいぞ〜

C0AF6E32-DA97-4AD7-AAFE-D46AB002ACA7.jpg


前回に続きKLXのアップグレード作戦だ( ・´ー・`)


予算の都合と良縁に恵まれてIMSのビッグタンクをゲットする事ができた(*´﹃`*)

IMSといえばアチャルビスと並んで大容量な事で有名である。
ノーマルタンクでは旭川に行くだけでリザーブに入るデンジャラスな状態だったため、ガソリンスタンドの少ない地域への遠征ができなかった。

今回のモデファイで12L強の容量を確保できるのでまたDR時代のように道東方面とか回るのに最適な仕様になるのであるある。うれぴー


取り付け方法のあれこれ
B55CB38C-612E-4268-ABD8-901E8EA433C7.jpg8C708F2A-304B-4BDF-970E-6D87244872D2.jpgF3235CF5-5D46-4D0B-B6E9-4E414EAA0EB8.jpg074BBE41-55F6-451C-9C30-A6AB38EB713C.jpg

今回は中古品という事でフュエルコックのパッキンは全取っ替えした。コックとタンクの間はOリングがあるのだけれど、タンク側の取り付け部分がせり上がって段差があるためOリングだけでは密着しない状態だった。元々その対策で追加のゴムシートが挟まっていたのでジョイフルでNBR素材の1mmゴムシートを買ってきて挟んでやった。
これで燃料は漏れないのだけれど、本当は飛び出している部分を研磨してやりたいよね〜_(:3 」∠)_

ついでに写真の銀色の部分は断熱材です。
エンジンとの隙間が20mmくらいのところもあるので燃料が必要以上に温められないように底面に貼ってやりました。
ちなみに材料は百均seriaで発見したので100円!


タンク搭載の準備〜
C9250C71-858C-48BC-868E-9CF12BC6B8C8.jpg


まずはこのでっかいラジエターファンを外します。マチョ鍋のKLXでは1回も回った事がありません。かつやぶのKLXは回るらしい。マフリャ〜社外だからかもね。


次はハーネスの取り回し
08262703-6E57-4289-9DC8-3DA7BB9D5B36.jpg5CBA32EE-9A8E-4692-86E9-9580518263E0.jpg


ハンドルより後ろのカプラーやらギボシを全て取り外して大胆に取り回しを変更する必要があるのです。これは年式によって正解が違うかもしれない。

とりあえず、イグニションコイルは写真の向きから上下逆さまに変更。
コイルの上に付いていたイグニッションリレーは入らないので適当な場所に固定する


ハーネスの取り回しはフレームの左右に振り分ける方法を先に試したものの結局エンジン左横まで2本一緒になった
DE741592-AFC3-40E1-8467-87713DF000AE.jpg

そして片方がエアクリーナーの手前で反対側に
B88D0886-9D09-465C-91D0-636AF0563640.jpg


配線の長さは割とギリギリだけれども、ラジエターホースにハーネスが潰されないのでこの方がすっきりしている。

あとは、ハーネスを押さえる突起とかが干渉するのでハンマーでぶん殴って曲げておく
2E6110BF-7CC1-4DFB-B101-E988D2D3C060.jpg88556FC8-D4CF-430C-A430-9DB32CFC4C2B.jpg


確かこれくらいの感じでタンク付いたはず〜
F5EEBEBD-7C4B-4F57-88E0-6B051C34307D.jpg


後はシュラウドの加工〜
32C3EEE6-14A2-45A7-9154-8571AC5898A0.jpg9A6B8026-243D-4034-87CD-ED9EDD16759E.jpg


幸いカラーは付けてあったのでシュラウド前方の一部をカッターで切り落として形を合わせるだけでよかった。シュラウドを多少曲げるようにして固定する事になるけれどヒートガンで温めれば無理なく曲がる。


シートとかの取り付け具合はバッチリだったぉ
666F16C9-0CF2-489A-9656-539AB62F72FC.jpg


シートからさらに飛び出したタンクがチョモランマw

あまり調子に乗ってガソリンを入れすぎると蓋のバルブが浸かってしまうので加減した方が良さそうだ。それでも12Lは入っているはず。

1度満タンにして200kmくらいオフロード込みで走行してきましたが、まだ4Lくらい入っている。おそらく航続距離は250kmを超えるだろう。

ああw
お暇をいただければ道東とか道北とか行きたいのにw
あああああw└(՞ةڼ◔)」


posted by マチョ鍋 at 23:45| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | KLX250 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

[KLX]バルタンフェンダー破壊と再生

オフロードはいいぞ〜おじさんマチョ鍋です└(՞ةڼ◔)」
F6541913-343B-4121-BC2A-C9F5FB10FF8E.jpg


ん?
KLXの形が少し変わったかって?



( ◠‿◠ )☛気が付いてしまったか...


まあ、順を追って説明するので落ち着きたまえ( ・´ー・`)


最近砂浜でコソ練をしているマチョ鍋
1F999D31-C4E0-4B22-8CEA-0BE220918DC5.jpg

何回か転けているうちにいともあっさりバルタンフェンダーを破壊してしまいまして...
D07880D0-D5A5-4154-9A74-5FFEE1EBEE1E.jpg

オフロード走行に耐えるタフな構造にしないとあかんなぁという事になった。


今まではDRCのブレーキランプホルダーをフェンダーベースにしていたのですが、さすがにプラスチックでは強度に問題があるので、今度は3mmのアルミ板でベースを作ることにしたのです
2114C43D-FE14-4B69-8183-328B80239819.jpgF53368D6-AC98-4938-94E6-390EE6F6FC04.jpg


フェンダーを固定する部分には純正のダンパーを使用して振動対策。
このために長めのボルトやらカラーなどが新規で必要になったけど、前よりも格段に強度は増した
0CB328CC-97EE-49F9-8345-CFAD6A14F207.jpg9E915D70-1ECC-4F4F-814B-D4E77A37BC58.jpg


そしてナンバープレートと共締めしていたウインカーステーも場所を移動してすっきりとしたデザインになった。

唯一ショートフェンダーモードに手軽に変更ができなくなってしまったのが心残りなのではある。


それとさらにカラーを作る必要があるけれど、アルミキャリアも装着可能になったぞ〜
AF22B345-A04C-48CF-AFA4-8A9B830074C9.jpg


KLXもあまり激しいアタックはしなくなったのでちょこっとは遠征できるようにしたいのである。

ただ問題は時間がないんだよね〜_(:3 」∠)_


次回はKLXの航続距離を伸ばすカスタムだぞ〜└(՞ةڼ◔)」



posted by マチョ鍋 at 21:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | KLX250 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

[Trial250]キャブオーバーホールおわり〜

パパ活でうまいことブログに帰ってこられないマチョ鍋です_(:3 」∠)_
とりあえずガレ活はなんとかちまちま続いてますよぉ〜
937052FF-1FB9-4962-B5D9-15EF30B27726.jpgF8C95DBF-DE1E-4D17-8963-72FBB13344AB.jpg


デロルトPHBLのパッキンセットが届いたぞぉーーーw


これでキャブレター完成。
ただ、せっかくなのでバラしやすい所は外してお掃除していく
809EA7D4-4E63-4171-A4F9-3CC37C59BDA3.jpg


チャンバー(?)もファイヤーして中のギトギトをスッキリ除去www
7D5FD7AE-62AB-4005-B75A-9F8C653DF69C.jpg230C9150-4CC0-4B12-A358-CC6105AD7274.jpg


ギヤオイルを交換して組み立てたら準備オッケー。混合ガソリンを濃いめに作って始動実験である
913DEC5F-53B8-4ED9-99CA-5AB06EA02FD9.png

このブログって動画添付できないのなーw
とりあえず超被りまくりだけどあっさりとエンジンはかかりましたよ✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

PHBLの基準H高寸法が24mmらしいのだけどそれだとかぶりまくっているので現在少しづつ薄くしてセッティングを出しています。

セッティングが良くなったら、こんどは車体各部の整備に入ろうっと〜₍₍_(ง՞ةڼ◔)ว_⁾⁾
posted by マチョ鍋 at 23:25| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Trial250 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする