2017年10月23日

[YZ]フォークの修理とステムのメンテ

マチョガレにやってきてタンクの掃除から始まったYZのメンテナンスも終わりが見え始めています。

リアショックは先週外してババナショックスさんにオーバーホールを依頼しました
43B1AB72-D275-49C8-BE39-BD60E539C6C1.jpg


ロッドに少しサビがあったらしく、再メッキコースになったのでちょっと納期は延びてますが、今月中は間に合わないかなぁ?w
間に合ってくれると、来月頭にシェイクダウンできるんだけどなぁ_(:3 」∠)_


フロントフォークはシール交換をしてやりました
9F8A3350-3998-4A4D-B1CE-B24F5689F501.heic
89880402-21B9-444F-9841-528333DF5043.heic


中に入っていたオイルが、変質でもしたのか元なのかわからないけど明らかに動粘度が硬めだったのが謎。


新しく入れたのはカヤバ純正カワサキOEM品
90B5B719-6AC8-4A59-8662-7A00023416B5.heic


ヤマハの純正オイルよりコンマ幾らか動粘度が柔らかいですが、ライダーがへっぽこなので柔らかい方がいいでしょうw

カワサキ純正と同じなので余った分はKLXの次回シール交換(たぶんもうそろそろ)の時に使えますw


余談だけどモトクロッサーのフォークって凄い頑丈にできてるんですな。アウターチューブの厚みが結構あってずっしり重いほど。


フォークは組み上がったので、フロントが外れているついでにステムのコンディション確認とグリスアップをしてしまいます
786CF95C-C873-42BF-B3B9-A1E023147CA6.heic


トップブリッジのステムナットが41mmだったのですが、そんなデカイの持ってないのでホムセンに走りましたw

メガネは高すぎて買えないので今回はスパナにしましたが、トルクは100N程度なので十分でした。


ベアリングの確認、ステムレースはほぼ傷なし
D85CD006-FAD7-49A4-B358-80B23C3A470D.heic


下の方に若干の傷があったもののまだイケるのでゾイルグリスをたっぷり塗り込んで組んでやりました。


調整はいつものように慣らし後にフォークの重みで動くくらいに調整
19F317E7-AF99-46E9-80F0-F7C017D377EB.heic
B33D5916-9DB4-4D6B-891C-005372EDF22F.heic


フックレンチが今は1本なので今回の作業で買い足そうと思いました()
ロックナットを無理やり押さえながらトップスレッドを締め付けるのはちょっと苦戦したし、フックレンチは結構安く売ってるので_(:3 」∠)_
BCB20313-3119-431C-BAAF-953553D6778B.heic


グリスの入れ替えでステムの動きはメンテナンス前とは段違いです
462C9759-3083-4BB7-8793-DE632DF6F3AE.heic


ステムを組むときにワイヤーの取り回しを直すのを忘れてたので組んでから修正w
ついでに動きの重たかったクラッチケーブルに給油したら凄く軽くなりましたww


これで残り、フロントキャリパーのオーバーホールをやればエンジン以外ほぼ全てのメンテナンスを完了した事になります。

キャリパーも既に作業中です
762299BB-E3B7-43F5-8F1B-B60B0B8B352F.heic


続きは次回〜( ´◜௰◝`)


posted by マチョ鍋 at 00:22| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]