2017年11月17日

[スマロ]エンジンマウント交換

最近YZが続いていたのでたまには違う乗り物をはさみましょう
0B637624-1A98-4D7D-A1A3-1BB37C49E5B5.jpg


本題に入る前に、謎のエンジンストールで今年は入院が多かったスマートロードスターでしたが、SAMユニットというヒューズ回路兼通信中枢回路みたいなボックスがあるのですが、そこに接続されているコネクターの一部配線が劣化により緩み、接触不良を起こしていた可能性がある事が判明いたしました。

実際に配線各部をカシメ直してもらったところ、殆ど症状が収まりました。

殆どというのはテストのために足下ヒーター全開で走行中に、フルオープン走行とはいえ足下にあるSAMユニットの温度が上がってエラーが出てしまったくらい。
それからは500km近く走行していますが、足下温度に気を付けていればエラーは出ない様子です。

電装系も歳を取っているのでいたわって使えと言うことらしいですw


ここから本題。

春の車検の時に指摘されていたエンジンマウントをようやく取り替える事ができました〜。

なんせ安い修理では無いので予算を組んで思い切ってやる必要がありますからね。


こちらが外されたエンジンマウント一式
07DDF001-A419-4259-9E9A-89FEBDC211EB.heic


各部ひび割れやゴムの潰れ等があります
A89A30BE-E510-45EB-9574-5C56B8E95063.heicB761DC1E-5CCF-41D1-B12A-D4D159CDBA9C.heic


これくらいで交換なのかよって思われそうな小さなひび割れですが、スマートの場合は車の挙動や乗り心地に大きく影響が出るのです。

新品マウントに替って初めての試乗。
エンジンをかけた瞬間から、振動の少なさに驚愕してしまいます!

エンジンが揺れ難くなり、クラッチ動作やシフトチェンジもスムーズになります。

部品だけでも3万円以上の整備ですが、お金を出す価値は大いにありますよ!w


ちなみにこのマウントがちぎれると、発進する時などに異音が出るようになるらしく、タイミング的にクラッチからの異音だと感じる事もしばしばあるようです。


走りがギクシャクしていると感じるスマートは一度点検してもらうといいですよ( ◜ω◝ )

posted by マチョ鍋 at 03:31| 北海道 ☔| Comment(0) | スマートロードスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]