2018年09月28日

[サンバー]高級車の音が出るキーレスを付けた_(:3 」∠)_

秋の交通安全期間は引き篭もるに限るぜ└(՞ةڼ◔)」
D00F1E71-6E73-4B37-8AF1-6A1A75E704C8.jpg


いやこれは8月にフレームにサビ対策をしたときの写真なんですがね〜w

サンバーってリヤにエンジン関係の配線が多いので荷台を持ち上げるのにクッソ苦労しましたよ〜

こんときは荷台が邪魔で塗料を濡れないところを塗って、フレーム痛み具合を確認して絶望したり溶接したりしてました〜wF944A272-4A6B-4854-A896-7CD8EF4708AC.jpg15DF1A09-7681-49CB-9B31-6CB3CC61CBFC.jpgB80EA68D-6BE6-4C52-B035-79F47FFE864D.jpgBF1E3B61-1254-485B-A9DC-45DE1631CB9A.jpg


張り切って刷毛塗りノックスドール使ってみたけど、面倒くさいからおすすめはノックスドール900ですwww

とりあえずフレームは穴を見つけ次第塞いでいくしかないですね。リヤのスプリング受けがボロボロ過ぎてやヴぁい_(:3 」∠)_

まあ激安で買った車両なんで蓋を開ければこんなもんでしょう。


このサンバーは今まで本州で使われていたので真冬になる前に寒冷地仕様にしなければいけません。


そこで今回はキーレスエントリーを取り付けます
D5115178-88C6-4370-9A18-B36CAB25C3C4.jpg


密林で送料込み6k円くらいのキーレスキット。簡単な日本語説明書も入ってます。


キーレス無しで冬にキーシリンダーが凍結すると大変な事になりますから、これでも立派な寒冷地対策になるんですよ〜(力説)


まずはドアから作業します。
3BE9CB48-FAC8-4AB5-A027-FADED942B7DF.jpgAD9E7E3A-B966-4FE2-A3CD-7FE85E18DA5E.jpg


ホムセン電気コーナーで売っているゴムブッシング。写真では31mmが4個ですが、31mmと25mmを2つずつ使用します。

ドアに全く配線が入っていないモデルなので、ボディには穴が空いているだけですwここにブッシングを入れます
AA79E90C-6E25-4ECE-954D-218C37646032.jpg98B43A9A-C005-429E-AD93-3E73B1E21BC0.jpg


ドアの穴にも装着!6B1712F1-D2BD-4A92-9B17-264549AA7165.jpg


続いて、アクチュエーターの取り付け
0B63F897-B04B-4291-9F43-933486A2502B.jpgC90ED2ED-45B4-41E2-8EB9-2DBCE5E0821A.jpg

この取り付け方法が、説明書では情報不足な感じです。説明書だと穴を開けたくない場合はこれな〜って面倒くさい感じの方法が載ってますが、穴を空けてこの位置に固定するのが最もシンプルかつ安定する位置っぽいです。ここだとウインドウ関係の装置からも余裕があります。そしてロックスイッチと水平なので作動も効率的です。
但し、パワーウインドウを後付する人にとってはベストじゃないかもしれませんので注意!



アクチュエーター用配線と後に使う予定のスピーカー配線をシリコンチューブで保護して車内に引き込みます。
D288BABE-2673-418C-8695-210E32F2E41F.jpg


外のパネルは外さなくても十分な隙間がありますよ。


助手席側は長めの配線用意して、インパネのなかを通して運転席側に引き通し
C4BA24E5-1EE2-42CD-8E2C-B27E0A8444E1.jpg8515CA7C-DB90-4B36-B142-4C8D93AC024A.jpg


中はスカスカなので小物入れを外した隙間から手を入れて引き通せます。


次に本体を取り付ける準備
DCA72D75-3267-4382-BA54-9E5E367BDDF1.jpg


今後もドラレコやらフォグランプやらを追加したいのでバッテリーから2sq配線で常時電源を引く事にしました。
いわゆるバッ直ですので、作業中はバッテリーのマイナスを外します。


まっすぐ助手席側下を通して
23F19DE1-28D6-446D-8481-36F360EC16C6.jpg63238097-A8E2-4CCD-813F-AD026E707163.jpg
助手席足元のブッシングに穴を空けて引き通し。シリコンチューブは2mでなんとか車内まで届きました。

もう一本、アンサーバックスピーカーの配線もここから出すので、スピーカー取り付け位置を探します
66396C2C-CB05-44C4-A0BC-4DF752BF2DC4.jpg


はじめはアンダーカバー内で探してましたがしっくりくる位置がありません。
助手席下のこの位置がベストでした!
穴1つ空ければ、元々ある穴利用してピッタリ収まりました。

バッ直線と同じ取り回しになるので引き通しも綺麗に収まりました
CE2197EB-1B0C-429D-878E-D697F762F15A.jpg


電源線はここで20Aのヒューズ取り付けてユニット配線と繋ぎます。ここなら後々電源分岐ボックスも設置可能です。

これらの線を本体に繋ぎ、次はコラム内からアンサーバックのウインカー配線を探します
D38981C2-B87E-48F4-AEE7-5D5850AFF267.jpg


うちのは説明書通りの緑/赤、緑/青の2本でした。


この配線も全部ハンドル裏から通して本体に接続。この辺が1番狭いですC1700C6F-5908-4575-8641-6D694D338F4D.jpg


ユニットはアクセル横壁に付属の両面テープとベルクロで取り付けました。
両面テープとベルクロの裏面が相性悪いのでそこは接着剤で補強!

完成です!


なんかウインカータイミング微妙ww

しかも音を出さないモードだとウインカータイミングが早くなるwww


まあ安いからこんなもんですかねw

ちなみに嫁に褒めて貰おうと思って見せたら、アンサーバックがうるさいと不評でした└(՞ةڼ◔)」
posted by マチョ鍋 at 23:06| 北海道 ☔| Comment(0) | サンバーTT2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]