2018年11月21日

ロードスター、ロードスタークーペの違いとは?_(:3 」∠)_

右肩脱臼骨折から1ヶ月、三角巾が外れて腕を動かせるようになりましたマチョ鍋です。
日を追う毎に腕の可動範囲が少しずつ広くなっています。このまま順調に後遺症みたいなのが出なければ良いのですががが_(:3 」∠)_


今回は全開紹介したスマートロードスタークーペ、プリケツ号の詳細です。一体どこがどう違ってわざわざ乗り換えたのかまとめてみます〜


まずロードスターとロードスタークーペ最大の違いはトランクスペースです
FDC8F7C0-0551-4635-A804-FBD1F54322DD.jpg

0B3CA9E5-7BF0-418E-8E73-FD34BC30C2F9.jpg


ロードスターでは高さが15cmくらいだったトランクがグラスルーフスタイルになって100Lほど容量を拡大しました。実はスマートロードスターでもフロントのトランクも合わせるとマツダロードスター(NA?)と同程度の容量になるらしいです。
そのためスマートロードスタークーペはさらに荷物が乗るのでこのサイズのスポーツカーとしては驚異的な積載能力があります。ただし積み方は考えないとガラスを割ってしまいますし、デタッチャブルトップをリヤトランク収納するのでいつも物を置いておくというわけにはいきません。それでもお買い物の荷物をひょいと置けるようになったのはとても大きいですね!
でもひょいと荷物と一緒に鍵を置いてしまうとトランクもドアも開けられなくなる事があります!
マチョ鍋は1回やってスマートガレージH崎さんに助けてもらいました!
たぶん札幌で唯一ピッキング以外でロードスターのドアを解錠できる人ですwww


トランク両端には発泡スチロール製デタッチャブルトップキャッチャーがあります。使い方は教えてもらっていますが、片手では脱着が困難なためまだ試していません_(:3 」∠)_
3E3E5BA9-373F-40A7-AFC2-D8C5362548FB.jpg


見た感じではオープンする手軽さでは、キャンバストップ+サイドバーのロードスターの方に分があるように感じました。

微妙な天気でも強気でキャンバストップを開けられたロードスターに比べて、ロードスタークーペではこれぞという時にしかオープンにできなくなりそうです。


その他の細かな違い、たとえばホイール
978AAE5B-958A-41F7-AE0B-35F6958CFCE6.jpg


デザインが違うだけではありません。
ロードスターの6ポンスポークがフロント15インチ5Jのリヤ15インチ6Jだったのに対してロードスタークーペのホイールはフロント16インチ6.5J、リヤ16インチ7Jとでかく太くなっています!

オフセットは変わっていないらしく、フロントはスペーサーを入れなくてもよくなりました。もともとフェンダーの深かったリヤには30mmのスペーサーを入れました。

おかげで車から降りるとき振り返るとこの迫力です!
69F83884-769E-44C0-BF8F-A8B80C384E49.jpg
55780019-105F-41A7-86D2-25A9883A45C3.jpg


尊ぇのーう。

スマートは450からこの眺めが最THE高だった。

今ロードスタークーペが履いているタイヤが195/50r16なのですが本来は前後とも205/45r16なのでもっと迫力が出るのでは?でもフロント205はやり過ぎな気がする_(:3 」∠)_


内装装備では標準で肘掛が付いているようです
1390024E-B0F1-49D3-9D06-DA1C4B5CDAD1.jpg


そんなに使い勝手は良くないですが、左手が休めれるようになりました!

あとは基本的に同じ車ですが、少し高い所重量物があるのでゆったりロールする感じがあります。


もう寒くなったのでオープン走行試すのは来年ですが、来年こいつでオープン走行するのが楽しみですね〜_(:3 」∠)_



posted by マチョ鍋 at 22:03| 北海道 ☔| Comment(0) | スマートロードスタークーペ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]