2013年12月04日

[RZ50]メーターステーをカーボン風ラッピング

いつのまにか12月〜(・ω・)

あれ?11月にブログ更新してなくね?Σ(゚д゚)
ということに最近気が付いたマチョ鍋です( ゚∀゚)ノ


若干多忙だったとはいえブログネタが全く無かったわけではありません。冬支度とかもしているし。


今日のネタは11月の中盤くらいにやったやつです(汗)


さわっち君から預かっているRZですが、来年は少しカスタムしていく方針らしいのでマチョ鍋も何かできないか少し考えました。

とりあえずラッピングで!

このバイクの雰囲気を壊さず引き立たせるラッピングポイントは限られています
image-20131204230308.png


地味な部品だけど、メーター周りの引き締め効果を狙ってメーターステーをカーボン風にしてみます
image-20131204230753.png


まだ余っていた3Mのダイノックカーボンフィルムでラッピング
image-20131204230944.png


取り付け。いい雰囲気でしょ
image-20131204231031.png


元が艶消しブラックのステーなのでカーボンフィルムのフチが目立たないのがポイント高い。

カーボンフィルムはまだあるので他にもポイントを見つけたらやっておきたいですね。

冬のいい暇つぶしでした(* ̄ω ̄)


posted by マチョ鍋 at 23:16| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | RZ50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

[RZ50]テスト走行

こんばんわマチョ鍋です( ゚∀゚)ノ


8月らしくない落ち着かない天気の日が続きますね。

天気予報で雨の予報が無くても、湿度が高いな〜と思っていたら雨になってますからね。通勤手段も慎重になります。

今日は比較的湿度が低く安定した天気で、バイクのテスト日和でした。


前回キャブの設定を変えたRZ50ですが、十数km走って来た結果、まあまあの出来です
image-20130813220919.png


プラグの焼け具合で行くと許容範囲内で薄めの方です。

通常使用なら息付きは改善されていますね。

ですが最高回転を何百mも維持するような走りをしてしまうとちょっと出てきました。

前よりはかなりマシですが、11000回転を超えると105番では燃焼室温度が上がってしまうようですね。

次は108番が欲しいんですけど110番しかないです。どうしようかな〜
街乗りペースなら文句無しの設定何ですけどね

108や110と言ったらNチビのノーマルくらいですね。同じ50cc、結局突き詰めていくとそのくらいになるんかい(笑)


今日はとりあえずちょっと電極が減ってきているプラグの交換だけしときました
image-20130813224508.png


現在使用は8番でしたがストックは9番でした。ちょっと薄めの設定には丁度いいですね。

プラグの番数変更だけで劇的には変わりませんが、これで少しは燃焼室の冷却に貢献しますからね。


それにしても天気も安定しないし、次にテストできるのはいつになるやらですね(´・ω・` )

posted by マチョ鍋 at 23:04| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | RZ50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

[RZ50]キャブレター清掃&調整

こんばんわマチョ鍋ですよ( ゚∀゚)ノ


前回の記事投稿の翌日くらいからブログに不具合が発生して表示されなくなっていました。

seesaaでは復帰したと発表があった後もマチョ鍋のブログは表示されなかったので、問い合わせたところ、2日目でなんとか復旧しました。
いやあ復旧できてなによりです。


ではオーバーフロー気味だったRZのキャブレターを調整したときのお話です。


通勤で走らせた時にアイドリングからの吹け上がりが被り気味だったのと、今回のオーバーフローから油面が高すぎるとわかったのでフロートの微調整をするためキャブを開けました
image-20130809234742.png


するとフロートチャンバーの底に大量の錆カスがΣ(゚д゚)


そうか、このタンクまだサビ取り終わらせてなかったんですね(´・ω・` )


今まではフロートバルブに挟まったりしたことないけど、ただのラッキーですね。いつかやらかしそうやな(笑)


キャブ全体を軽く掃除して油面調整
image-20130809235624.png


ヤマハだから警戒したけど、Nチビと同じような調整しやすいフロートでよかった。最近はフロートピン圧入タイプばっかりだったから(; ̄ω ̄)

H工寸法でも数ミリ変わるくらい調整してやったけど数値を記録するのを忘れました。。。
でも実油面でフロートチャンバー合わせ面にピッタリ合うようにしました。


実油面計測は、便利だったのでタンクから直接燃料を落としましたが、勢いよく落とすとフロートの浮力が負けて燃料が溢れ続けましたΣ(゚д゚)

はじめは錆が挟まったかと思ったけど、どうやらフロートの浮力が少し弱いみたい。元々弱いのか、弱くなってきたのかはわかりませんが。

でも走らせる時はちゃんとバルブが閉まるので特に問題はないです。


また通勤でテスト走行
image-20130810001126.png


アイドリングからの吹け上がりはかなり良くなりましたが、今度はアクセル全開→閉じ→アクセル開けの時にエンジンが息つくようになりました。

油面を下げたためアクセル全開の時の空燃比が薄くなり過ぎているのです。

そんなわけで今度はメインジェットを102.5番から105番に交換
image-20130810001946.png


ジェットセットはさわっち君から預かっていたので助かりました。

ノーマルは100番くらいだったけ?排ガス規制のためなのか、ノーマルはめちゃくちゃ薄くてエンジンにはよくないです。オイルの吐出量がその分多いくらいだし(・ω・;)


理論的には不具合は解消したと思ってますが、天気が悪くなってしまってテストがまだ。

近々テストついでに微調整もして完成させます〜( ゚∀゚)ノ




posted by マチョ鍋 at 00:30| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | RZ50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする