2018年03月23日

[YZ]スイングアームスラストベアリングカバー交換

( ´◜௰◝`)ンワッ
昨年YZの各部分解をしたときに破損を発見していたスイングアームピボットスラストベアリングカバー。部品をこうにうしてあったのでリアタイヤを組み付ける前にサクッと交換しました
9593FC78-1440-42A4-9304-9652295D8338.jpg


YZのスイングアームは比較的外しやすい。ピボットシャフトとリンクのコネクティングロッドのボルトを1本抜くだけです_(:3 」∠)_

外してみると数回しか走っていないのに物凄い泥の量ww

カバーが変形していてダストシールに隙間ができていたようで、いや早めに取り替えできてよかったわー
50F54A89-8A62-483E-9BE1-2C749BD3587A.jpg


スラストベアリングの泥を落としグリスを塗り込んでザオリクを唱える。これで蘇生完了w


でもダストシールがなんか去年よりもヘタっている気がする
6CE4AF4F-4D28-4C60-93F9-E95D1E963CF7.jpg


反対側のダストシールはもうちょい厚みがあるので寿命が来たっぽい_(:3 」∠)_


反対側のベアリングの方は、泥の侵入は無しだけど蘇生ベアリングのためかグリスは早くも黒々としていた。
あと数回走ったらまたリンクの掃除をするのでその時にヘタったオイルシールも取り替えよう_(:3 」∠)_

お小遣い少ないから少しづつ取り替えるんだい〜( ε:)0


全部組んで跨ってみた
12C93D50-E5DC-4902-9797-743F067884FA.jpg


ちょこっと車高が上がったぞい!

走りに行くために来月お休みとってあるんでさらに細かい準備を進めまつ。

嫁の許可が出ればよいのだが......っ´ω`)っ


posted by マチョ鍋 at 02:16| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

[YZ]待望のタイヤ交換( ゚∀゚):∵グハッ!!

―さる2月某日―
E30C7E2E-89DE-42F9-8CBF-28F292DE12E3.jpg

密林でこうにうした前後タイヤが到着。

同時に注文したのになぜか1本づつ、
違う運送会社で届けられた。プライム会員じゃないからってやめておくれでやんす_(:3 」∠)_


今回こうにうしたのはIRCのIX09wです。リアが19インチなのでタイヤの選択は広くはありません。その中でもこのタイヤが1番お財布に優しく性能も悪くなくバランスがいいらしいですよ。
まだ走ってないから知らんけど_(:3 」∠)_


このタイヤで今シーズン頑張るぞい!
って事で交換は天気が良くて暖かくて作業しやすい日に少しずつやっていました_(:3 」∠)_
0293513F-5CD6-46D3-8598-B713EF720926.jpg
32F4A1A8-4FBE-4DF5-9148-F97C005B5E41.jpg

単純なタイヤ交換ですが、はじめてホイールの状態を確認するので時間をかけて点検しながらやります。アルミリムでも状態が悪いと腐食して肉薄になってたりするので。
YZのフロントは綺麗なもんでした。ふんどしもチューブも綺麗だったので使いまわし└(՞ةڼ◔)」


ビードストッパーは1つだけなのでフロントは余裕でした
A7AB0244-CCB2-4DBF-A331-7DF185F9BA26.jpgBBB63FB6-33C9-4B1E-9469-8548D9C8B92D.jpg

古いタイヤと並べると、ブロック高さが全然違ってて笑うw


リヤの交換はフロントが組み終わってから1週間以上間が空きました_(:3 」∠)_
今年は気温上がってくるの遅いですねw天気も悪いしw

リヤはオニのダブルビードストッパー仕様卍
B5F73B18-D9BE-4B2E-BB5F-9B8FD7CE4FFA.jpg


通常のタイヤ交換の場合、バルブから始まりバルブで終るというのが交換のセオリー。
ビードストッパーが付いている場合は、ビードストッパーに始まりビードストッパーで終れば特に苦労は無し。

でもダブルビードストッパー卍は......

どこからはじめても外し難くどこで終わっても付け難い卍w


​​​ビードストッパー位置にもよりますが、大抵はスタチックバランスを考慮して対角に近い位置に取り付けてあるのではと思います_(:3 」∠)_
そこで強いていえば1番やりやすいのは
C5F26626-6C3E-48E3-87F5-9015719A587E.jpg

ビードストッパーとバルブの間からスタートですかね?

ビードストッパーがある所はビードが落ちにくいのでリムプロテクタを使う余裕がありませんw
最新の黒アルマイトとかのホイールなんか絶対やりたくないですねwww

​​片側のビードを外したので中からチューブ取り出します
7F525F4A-E26C-4F6F-B1A6-A409FC68DAFB.jpg


普段なら簡単に取れるけどこのホイールのチューブはなかなかとれないw


超苦労して外したチューブはウルトラヘビーチューブだった
C3EE6A52-0095-442A-AECF-1EF64A6E3515.jpg


めっちゃ分厚い卍

​しかもワンサイズ太い250用サイズだったので尚更外し難かったようです_(:3 」∠)_


チューブ自体は異常なしなので使いまわしますが、次回は適合サイズ入れてやろ_(:3 」∠)_
チューブ単体でもけっこう重たかったのでww


それにしても硬いタイヤでした。
外した後引っ張ったところが変形してるぐらい硬化しているw
288E4912-C27B-4CE8-A62C-FB60EB61B1C2.jpg



お楽しみのホイールちぇきぃ〜
FDFE7902-3348-4FC8-B624-C4CB512170BC.jpg


わーぉwww

こっちはけっこう泥が侵入してますね。


お掃除するのでガムテは全部剥がします
DF112BD5-EB2B-4BDF-8241-0866781B206D.jpg


ビードが当たる部分も糊が残るとタイヤズレの原因になるかもしれないのでパーツクリーナーとナイロンパッドで綺麗に落とします
FB5D9C5F-0C7A-414A-A433-D681A5983467.jpg


なんとかここまで綺麗にでけました_(:3 」∠)_
こちらも腐食は無し。比較的コンディションの良いホイールです。

19インチのふんどしが無いので今回はビニテを3周巻きます
D744508E-C2DC-4E53-9D98-A3295BD54882.jpg


ところでなぜこのようにリムバンドを巻く必要があるのかはわかりますよね??

スポークホイールは強い衝撃をホイールが受けた時にスポークニップルが動く事でも衝撃を吸収しています。飛び出したスポークニップルが直接チューブに当たらないようにリムバンドが必要だというわけですね。なのでしっかりとリムのサイズに合ったバンドが必要です。
最近高性能なアーマーストリップテープなる物も出ている事を知りました。
高くて買えません_(:3 」∠)_(チューブと同じ値段w)


タイヤを片側組んでチューブを入れます。チューブは水拭きして余計な泥がホイール内に入らないように
C935395B-A193-43A6-8592-8F4B9F98CD87.jpg
7B80FAD0-F834-4CE0-95A7-2E5C6B09C320.jpg


チューブを入れるときは、バルブ穴の部分のビードを落としておいてからバルブを差し込み、ナットで抜けないようにしてからビードを持ち上げてチューブを押し込むのが個人的には一番簡単。

バルブの根本が腐れているとこの時にもげる事があるけれどそんときは素直にあきらめましょうw


オーバーサイズの分厚いチューブなのでホイール内に押し込むだけで中がギュウギュウにw

もしかしたら適合サイズのチューブにすればもうちょっと組みやすくなるかもしれないw
90D81A98-5213-403C-86A0-8910FBB37A51.jpg


でもIX09は柔らかめなので組み易い方でした✌


スイングアームへの取り付けは、他の作業の関係でお預けです
7B8772DF-449F-4BE9-837E-F28352356F92.jpg


次暖かくなる日いつになる事やらw



posted by マチョ鍋 at 00:46| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

[YZ]1月の交換部品└(┐卍^o^)卍

冬の北海道は雪が降ったら降ったで​雪の上でバイクで遊ぶ​というスタイルも有るにはあるんですが自分はその準備とか後の始末とか車両のメンテとか考えたらどうにも面倒で引きこもる方です_(:3 」∠)_

スパイク履いてオフ車で通勤してた事もありますけどね。融雪剤は普通にオフロードを走るよりも車体が傷むんですよ。

だからPWが出来上がったらスノーエンデューロとか出たいなぁって思ってるくらいで、冬はもっぱら部品集めと春までの準備って感じです。


というわけで、11月に破壊したYZもすこーしずつ補修しています〜
F1842B2E-3E8C-4B20-8BC3-C831A7467D5A.jpg


真ん中からぶち折れそうだったフロントフェンダー、破壊した左右レバー、破壊したグリップですw
おまけでマッドスクレイパーも買ってみました。


マッドスクレイパーはなぜか除雪機のオーガーの掃除に重宝していますw
36C6D1BA-1B16-44C2-8119-01502C59F296.jpg


まだバイクを弄るにしてもこの寒さなので簡単なところからじゃないとやる気が出ませんw
まずはフロントフェンダー
A7FDF21F-4E50-449B-9595-0F674EE80747.jpg


からの〜フォークデカール
C70AC045-B361-4A04-9BB8-147632E4A9DD.jpg


かっくいい!(っ'ヮ'c )


フォークの傷が少なめでまだキレイなので、​キレイなうちに保護しておこう​と思い買ってみました。

極寒の中で貼った感想は、絶対温かい時期に貼った方がイイです!w

フィルムも糊も硬いのでなかなか馴染みませんw
浮いてきて隙間に泥でも入ったらアウトなのでそれまでラップでも巻いとこうかなぁww


ブレーキレバーとクラッチレバーは今回はラリーのショートレバーにしました。
この前粉砕したアルミ製よりも粘りがあるらしい超硬アルミマグネシウム製で曲がっても直しが効くらしいです。しかも滑り止め付
A4A7FF61-98C4-49CB-A27A-1427486230CC.jpg


YZ用のセットは無いのですが、92年式のDT200WRが左右とも3JDと同じレバーを使っている事がわかり、そちらのセットを購入。もちろんちゃんと付きました。

社外のやっすいレバーは材質がただのアルミなのかちょっとぶつけたら瞬殺だったのでエンデューロで定評のあるラリーで安心。


グリップはスロットルパイプごと交換です。
スロットルパイプもぶち割ったのでwww
A2DDD800-3322-441C-8FDE-57526D233D04.jpg


スロットルパイプはちゃんと純正が出ます。

真ん中のはテフロンシートなんですが、入れたらかえって重くなってしまいました()
こんどKLXに付けることにします。


グリップはスロットルパイプといっしょに取り替えるのが楽ってのが持論なんです。だって外す手間が省けるし〜
6660D72D-BBEF-475B-B8DD-D975BEFE4795.jpgAA82FCA4-9C35-4871-B92B-7D6EA5A333FC.jpg


接着剤が乾いてないのでまだワイヤリングもしてないですが、こんなんでました。
このグリップめっちゃグリップ良さそう=操作ミスで簡単に飛びそうなんですがww


こんな感じでYZ、先月注文しわすれた部品もあったので今月もたぶんすこーしずついぢります_(:3 」∠)_



posted by マチョ鍋 at 21:55| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

2Fフローリング化計画その弐( ˘ω˘ )

連日寒過ぎてガレ活の度に凄い勢いで灯油が減っていきますどうも_(:3 」∠)_
いま灯油が幾らかは具体的にはわからないんですが絶対高くなってますよね(╬´◓ω◔`╬)
早く暖かくなってほしい_(:3 」∠)_せめて日中気温5℃くらいはほしいです。


最近休日の度に気温は5℃どころかマイナス5℃でしたが、床貼りは頑張ってやってました
F5E2C086-BCCD-4367-84C1-7F77BE23D4CC.jpg25DDAA2A-CB97-45B1-816E-056BA3E9FCC4.jpg


最後の壁に当る部分は全て切らなければ行けないので残り作業を3日間に分担しました。

まず1日目はここまで。


続いて2日目
94CBD5D9-EA62-44C0-81CE-D0CE6010F11F.jpgC155B659-3FDA-4C4F-AB8B-9B78281C2E74.jpg


この日は屋上ダクトの排水パイプ部分を交わしましたが壁が直角じゃないので切るの大変でした(╬´◓ω◔`╬)

ほんとこのガレージ適当に作られてるw


そして最後3日目〜
87F14E2B-46B7-44FB-B13C-4EA783D2E436.jpg

階段を上がったところです。

ここは1番重たい棚が置いてあるのと、最後に階段に出るところまで貼るので趣向を変えます。


まず1坪分だけある硬いタイプのフローリング材で床強度アップ(するのか?)
0086DE7A-D7A9-4699-95BC-9E3DD46FB601.jpg


それから板を貼る向きもここだけ直角にします
7B5F9F1A-358D-4D49-ADEE-8EFF56DAB6B1.jpg


なんか奇跡的にここだけは奥と手前の幅が平行なので切り出しは少し楽でした。

木材も硬いのでガイド固定できるので正確にカットできます
FCA2285B-7696-4F0B-ADC6-64F7D852AFE0.jpg


ここだけはフローリングらしさを出そうと合わせ目を不揃いにしたんですが、切ったやつを並べようとするとメス座ねがないのでオス座ねをぶっ飛ばして並べるという力技で乗り切りました!(正しいやり方がどうなのかはわからないw)
D4387DF2-F56E-41C2-8E6A-677CC88E756F.jpg


範囲は狭いんですが、手間は1番かかっています。おかげでここの完成でほんとに1日使いました706C3C4A-90D4-46BC-861A-D7D2E3100512.jpg


で、できた!!w

最後の階段のところは斜めにカットしてヤスリで丸み出してあります_(:3 」∠)_

移動した棚と荷物を戻して掃除をして完成〜
E7E80762-F586-41FD-8B8E-1F61C71DDF77.jpg


どやぁ( ・´ー・`)


毎回フルに時間を使えなかったとはいえ7日くらいかかりましたね、ようやったわ_(:3 」∠)_


計画では天井壁塗装して照明取り替えてと、まだまだありますが、床がちゃんとしたのになっただけで雰囲気はかなり良くなりました〜


もう少し暖かくなればポテパ(マックのポテト🍟を貪り食う集い)も快適なんですがね。

はよ暖かくしてくれぇ('、3_ヽ)_




posted by マチョ鍋 at 00:24| 北海道 ☔| Comment(0) | garage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

2Fフローリング化計画その1( ˘ω˘)

( ˘ω˘)こんばんわー

例年だとこの時期は全くガレ活していないマチョ鍋ですが、なんと今年はせっせとガレ活しています!珍しい!!

ここ最近の各地の天変地異は私のせいです!!└(՞ةڼ◔)」(嘘です)


〜今回の施工のきっかけ〜

昨年の冬前に友人(の務める会社)から資材を頂いていたので、冬の間になんとか施工しようと計画しておりました!
F16FF9EB-6612-4A9F-8EFA-9D470C7E2D36.jpg


頂いてきたのはフローリング材!
山から​拾ってきた鹿の角と物々交換しました!

実は色とか模様とかが不揃いなのもあってなかなかさばけなかったらしい。

不揃い上等!

2階の床材はビニール床とかカーペットとか色々考えていたけど結局どれも結構なコストがかかります。
それがこんな形でフローリングにできる事になるなんて、やだぁもげそうw(訳:超嬉しい)

〜という訳でして、今月は後半ならまとまった時間も取れたので一気にやってしまうぞい!と、フローリング施工をスタートしました
2956EE62-6963-4DE0-B5BC-BA7866FCFB90.jpg


これが今までの状態。

半端に敷かれたタイルカーペットが方針の迷いを象徴しております。

フローリングをスタートする所の物を移動してお掃除します
0702BC75-5CED-4964-AAB3-187A0F2FE665.jpg


祖父が実家に引っ越すと同時にマチョガレに押し付けられ受け継がれた、ハイテクお掃除マシン

はじめて使ったけど吸い込み弱いww

床の塵を吸い込むには十分なので、まあ貰っておいて正解だったなぁw

こういう時はお掃除にもよい機会となるのでできるだけ綺麗に掃除しておきたい。

テーブルを移動すると、熊蜂の死骸が3匹も転がっていました▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂


部屋の隅から施工スタート
B5F03496-CC77-486E-B484-BFF417CC391B.jpg


画面より右のアパレルスペースは棚の移動がまだ無理なので、フロアの2/3までをまずは施工していく。

本来はボンドで接着するらしいのですが、浮き上がりとか気にしないのでフロアー釘のみで固定しています。手抜き!└(՞ةڼ◔)」


フロアー釘はハンマーとポンチで地道に打ち込んでいるので地味に時間のかかる作業です。

1日目はお試しで1時間くらいでオワリ、2日目は3時間くらい作業できました。その時点でこのくらいの進捗
24FB48D5-0653-4A27-B78E-3D5BFF61D0D0.jpg


おっそ!w

でもこれほんと時間かかるよw
今回貼っているのは裏側フェルトになっているタイプで板柔らかいので、固定した所だけ沈んだりするので板をはめ込むのが意外と入り難かったり_(:3 」∠)_

はじめは当木も無しにハンマーで小突いていたらオスざねが潰れてたりww


あとここまで貼って気が付いた。
​板をズラすの忘れてたwww
色々やらかしているけど、近い将来マチョ邸の子供部屋もDIYするので今回はその練習とでも思って諦めてますw

幸い3種類の板を使っているので、板が揃っていても色で誤魔化されてる。


3日目は結構時間取れた
37B8320E-E70A-4497-AFDF-991CB83B1EC0.jpg


奥のゲームシェラフ移動して、遂に反対の壁に到着
A3C57B9F-1724-42C9-B6D9-8064751B51CD.jpg


端っこに板を差し込むのがちょっと難しい。

かなりやりきった感を出して3日目終了
FAA606E3-BE71-423D-AF34-12B4869E404D.jpg


ここからこの本棚の下の施工となる。

本棚はカウンターと1体化してるので脚の廻りを細かく切って入れて行くことにした。面倒だけど_(:3 」∠)_


4日目は午後からはじめてその本棚下の作業
5E24D751-46AC-4413-B390-4DA9C0AFE504.jpg


細いところを加工しようとしたら割れてしまって無念w

まあガレージの床なんでこれくらいはおk。
この奥の方なんて隙間だらけだしw
D5620439-FB0E-4EDA-9C02-750339680971.jpg


スピードソーで切ると刃の厚みは消失するからどうしても隙間ができてしまうww

マチョガレに来たら、ここは覗かないで下さいw

とりあえず、完成度はともかくとして、4日でようやく半分ちょいまでできました
4589069B-66BC-472F-82B7-80F74C2429D8.jpg


思いつきでここに椅子を入れて見たらめっちゃ落ち着く場所になったんだがwww
129EEF50-088B-4B72-A896-6542BD12BFA0.jpg


少し整理して掃除してみたら床の感じは凄く良い。壁も塗装してやればかなり綺麗な空間にできそうですぞ。


まだ半分ありますけどね_(:3 」∠)_
8B07F036-54B7-4EDE-86FE-31EA44B6B4F2.jpg


( ´◜௰◝`)つづく...


posted by マチョ鍋 at 01:16| 北海道 ☔| Comment(0) | garage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする