2017年10月23日

[YZ]フォークの修理とステムのメンテ

マチョガレにやってきてタンクの掃除から始まったYZのメンテナンスも終わりが見え始めています。

リアショックは先週外してババナショックスさんにオーバーホールを依頼しました
43B1AB72-D275-49C8-BE39-BD60E539C6C1.jpg


ロッドに少しサビがあったらしく、再メッキコースになったのでちょっと納期は延びてますが、今月中は間に合わないかなぁ?w
間に合ってくれると、来月頭にシェイクダウンできるんだけどなぁ_(:3 」∠)_


フロントフォークはシール交換をしてやりました
9F8A3350-3998-4A4D-B1CE-B24F5689F501.heic
89880402-21B9-444F-9841-528333DF5043.heic


中に入っていたオイルが、変質でもしたのか元なのかわからないけど明らかに動粘度が硬めだったのが謎。


新しく入れたのはカヤバ純正カワサキOEM品
90B5B719-6AC8-4A59-8662-7A00023416B5.heic


ヤマハの純正オイルよりコンマ幾らか動粘度が柔らかいですが、ライダーがへっぽこなので柔らかい方がいいでしょうw

カワサキ純正と同じなので余った分はKLXの次回シール交換(たぶんもうそろそろ)の時に使えますw


余談だけどモトクロッサーのフォークって凄い頑丈にできてるんですな。アウターチューブの厚みが結構あってずっしり重いほど。


フォークは組み上がったので、フロントが外れているついでにステムのコンディション確認とグリスアップをしてしまいます
786CF95C-C873-42BF-B3B9-A1E023147CA6.heic


トップブリッジのステムナットが41mmだったのですが、そんなデカイの持ってないのでホムセンに走りましたw

メガネは高すぎて買えないので今回はスパナにしましたが、トルクは100N程度なので十分でした。


ベアリングの確認、ステムレースはほぼ傷なし
D85CD006-FAD7-49A4-B358-80B23C3A470D.heic


下の方に若干の傷があったもののまだイケるのでゾイルグリスをたっぷり塗り込んで組んでやりました。


調整はいつものように慣らし後にフォークの重みで動くくらいに調整
19F317E7-AF99-46E9-80F0-F7C017D377EB.heic
B33D5916-9DB4-4D6B-891C-005372EDF22F.heic


フックレンチが今は1本なので今回の作業で買い足そうと思いました()
ロックナットを無理やり押さえながらトップスレッドを締め付けるのはちょっと苦戦したし、フックレンチは結構安く売ってるので_(:3 」∠)_
BCB20313-3119-431C-BAAF-953553D6778B.heic


グリスの入れ替えでステムの動きはメンテナンス前とは段違いです
462C9759-3083-4BB7-8793-DE632DF6F3AE.heic


ステムを組むときにワイヤーの取り回しを直すのを忘れてたので組んでから修正w
ついでに動きの重たかったクラッチケーブルに給油したら凄く軽くなりましたww


これで残り、フロントキャリパーのオーバーホールをやればエンジン以外ほぼ全てのメンテナンスを完了した事になります。

キャリパーも既に作業中です
762299BB-E3B7-43F5-8F1B-B60B0B8B352F.heic


続きは次回〜( ´◜௰◝`)


posted by マチョ鍋 at 00:22| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

[YZ]リヤキャリパーリビルドキット

久し振りにYZのメンテナンスを再開しました\\\\٩( 'ω' )و ////ウオオォォォ!

前後のブレーキキャリパーは様子見がてら軽く掃除だけしてありました。フロントは完全オーバーホールが必要。リアはブーツが千切れ、フローティングピンが固着気味でした
D1F69F71-0C9B-48A9-B02F-E1608374CEB3.heic


フロント用のオイルシールはまだ純正部品で取り寄せ可能なのですが、リアキャリパーに必要なブーツ類は単品設定がありません。もちろんブレーキアッセンブリは販売終了、中古もオンボロばっかりですね。

それから通販サイトのダートバイクプラス
Dirtbikeplus


ここでは3JDについてはフロント用のキャリパーリビルドキットはあったんですが、何故かリヤ用は無し(╬´◓ω◔`╬)


詰んだ_(:3 」∠)_


、、、と思っていたのですが。

似たキャリパーを使っている車種が絶対あるはずだと思い検索してみました。
すると発見、94年式のYZ80のリビルドキットが似たような部品構成です。
純正品番ではブレーキパッドのバックプレートが共通なので、少なくともキャリパー本体の外形は同じ物???
そこでリア用はYZ80用を取り寄せて見ました!
902B3E81-7A9E-469A-8140-391F7473B0F4.heic


キャリパーから外した各部品を合わせてみると、当てにしていなかったパッドピンまで同じ形状です
55397803-6234-4D6A-853B-F88A79BD2989.heic


オイルシールはピストンより一回り小さいようだったのでこれだけは不要になりましたが、他が全部使用可能だったので元は取れたようなものです!


ピストン周りは綺麗にしてあったので、フローティングピンとフローティングシリンダーを清掃していきます
18519559-6B74-419B-9C9E-60E77B7B6F35.heic57334F55-05C3-48A6-A650-47093EAFD57B.heic


各ブーツを取り付け
FF11B6D7-D781-44E4-ACE2-FB1D3B5CB62D.heic


新品でゴムがしっかりしているので意外と組み付けが大変です_:(´ω`」 ∠):_

パッドピンは塗布してあるネジロック剤が厚みがあり過ぎて邪魔なので取り除いてから組み付けてありますw


リアキャリパー完成です〜
A9CF7CC7-05DF-4CCF-A899-4B76F13C7523.heic


これザックスと同じタイプのキャリパーなんでもしかしたらKSR110とかも使える部品多数かも知れないですねぇ???

パッドピンもブーツも新品なだけあって動きはかなり良くなりました。
フロントもこのリビルドキットでオーバーホールするので楽しみですねぇ。


おまけ。
ドライブスプロケットのカバーは欠品だったので、これ危なくねーかとイブさんとかの指摘もあり取り付けを検討しました。
1B88398F-3DA9-421F-AFD9-B12B1A4B9C0B.jpg


中古もあったんですが、プラスチックのこんな小さな部品が送料1500円とからしいのは流石に舐めすぎですわ(╬´◓ω◔`╬)


そこでうちに転がってた3mm厚のアルミ板で製作してみました
48522067-5DCB-40F3-ADDD-14B0C9F3BFF3.heicCD960737-9C78-44CC-B088-671DF1DF7AF5.heic


マチョガレでもようやくこれくらいの工作物は作れるようになって来たか。

ちなみにボルトはカワサキ純正座金付きM6ボルトです。見た目良し整備性良しコスト良しという事でお気に入りなのでまとめ買いしてありました。


とりあえず部品が無くて困っていた部分がまとめて出来上がったので、後は気が楽です。

今月中の完成が目標ですぞぉ✧\\ ٩( 'ω' )و //✧



posted by マチョ鍋 at 21:48| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

[RZ50]ハイコンプパッキンキット挿入

しばらくの間お預かりしていたRZ50ですが、近々返却する事になりまして、そこでやり残していた作業のハイコンプパッキンキットの取付けをやりました〜
BBA30006-6BC0-4048-9C9C-E2F5AE1EA23C.heic


結構昔っから出ているキットで、マチョ鍋のNちびにも組んであります。薄型のメタルガスケット、軽量ピストンピンとサークリップ、ベースガスケットのセットです。

薄いメタルガスケットにて2次圧縮比を上げ、犠牲になるレスポンスを軽量ピストンピンでカバーします。またベースガスケットを重ねて高回転設定にしても、2次圧縮比の低下を抑えるという内容になっています。


ではさっそく取り付けてみよ〜
冷却水をぬくぞぉ
81F91E89-204D-49E7-8045-D320737A4F6B.heic


ファーーーwww

なんか凄い色の冷却水出てきたンゴw

ちょっとラジエターの中が汚れていたようですが水道水で洗い流せました。セフセフ。

いや〜よかったよ〜気が付いてw


んでどんどん分解
D9F09E36-92BA-422B-B52F-1D21E9F9FEA3.heic
BFA86DA0-866E-409B-9B64-368518832F14.heic


今入ってるオイルはスーパーバイオだったか?燃焼室きれーい。

オイルをノーマルよりちょい減らし、燃焼室温度をガソリンを増やして下げるというセッティングも効いてます。


ピストンピンを抜く時はクランク室を養生します。基本ですね
AE26F994-5D0C-4EBE-B837-18E9F34DCE4B.heic


せっかくなのでノーマルの部品とキットの部品を比較しました
80684D51-4036-4590-A7A6-64FB40A3994B.heicE189766F-4CA3-423F-B3E9-D680ECA71895.heic


ヘッドガスケットが0.268mmから0.108mmへ。


D983AFFD-42C4-4C2D-BAA3-4E3379923BCF.heic
9813A4D3-85DB-47E9-8264-1A2A07A4EF3B.heic


ピストンは16.5gから12.6gへ。

ベースガスケットはノーマルと同じ0.5mmが2枚です。



シリンダーとヘッドの合わせ面を掃除
D27D139E-D174-4AF7-8462-D445649C22B8.heic5E0F7E3A-5CA2-4A6E-A882-42BE0B3C1A50.heic


RZのヘッドは各部肉厚で加工改造できる範囲が広そう。排気ポートもあえて狭めてあるので、円形に拡げてやれば持っとパワーが出るでしょう。
ノーマルでも充分なスペックだけに恐ろしいw
さすが2ストのヤマハw


組み付けは今回はトルクアップを狙いたいのでベースガスケットは1枚です。

ヘッドガスケットはUPマークのタグがあるので裏表に注意します
6A64988B-DED1-42E1-A5EF-DA03796256C6.heic


さくっと組んで冷却水を入れてエンジン始動〜
6ABF0580-003C-45B6-BC78-90E08F5C37AF.heic


いい感じですね〜

中速トルクが増した感じで、発進でフロントが持ち上がります。

この日はあいにく天気が悪く、冷却水のエア抜きをした程度で本格テスト走行できませんが、レスポンスも良さそうです。


後はテストランをして、綺麗にしてあげたら返却です。

posted by マチョ鍋 at 01:49| 北海道 ☔| Comment(0) | RZ50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

[YZ125]エンジン始動

YZ進捗状況です。
とりあえずエンジン始動までは終わりましたぞ〜


まずは燃料系を綺麗にします
D1CD9C88-2D16-4F69-A0B8-11F0710BE8A4.jpg


タンクに残っていた混合ガソリンはガソリンが揮発してオイルも固形化しなんか茶色い物になっています。

タンクの中に直接弱めのエンジンコンディショナーを吹きかけて少し放置後ガソリンですすぎ
B2D9D160-8228-4348-8AE6-E0A7CE8AB355.jpg


タンクの中が全体的に明るい色になった。

続いて燃料コック
A1478C9B-04DE-4FFF-B5D7-42BB9973D396.jpg79655C9E-9DCB-4363-894F-4C8731771FD0.jpg


ストレーナーにこびり付いている汚れを落とし中身を点検。
なんとストレーナー真下の通路が固形物で半分ほど埋まっていた。取り除くのはちょっと大変だったけど気が付いてよかった。あのままではエンジンが焼き付いてしまうところだ。

ちなみにコック関係の2枚のガスケットは、まだパーツリストが届く前に適当にWEBで確認できる車種で頼んでみたところ、見事に本体のOリングだけ別物でしたw
仕方なく硬くなっているOリングをそのまま使ってみたところなんとか漏れは無しwラッキーw


続いてキャブレターの清掃ですよ
83D3F68A-3A33-465C-A354-C0F6CC6E9BC5.jpg39DD36C9-8D56-466A-A80F-C7B6DA2BD9C8.jpg


モッサーらしいフロート形状。

結構汚れていたけれど、混合ガソリンなので落としやすい方だった。フロートバルブのスプリングが固着していたけどパワーで押し込んだら復活w
ダメ元でバルブシートを軽く掃除して再利用してみたところなんとオーバーフロー無しw
フロートチャンバーガスケットしか買ってなかったのでラッキーだったw


とりあえず漏れもないようなのでちょこっと混合ガソリンを作って直キャブでエンジン始動
AAB40D68-01F7-4177-8FF2-279683039ADB.jpg794DA387-60EA-4F2C-AF96-676B1D23E76B.jpg


エンジンはすぐ掛かったがえらい煙ですwww


もちろんエアクリーナー無しではベンチュリー負圧が足りないのでアイドリングできない。

キャブの機能を確認するにはエアクリーナーを掃除して......
BE7A817B-47A4-4FA0-A596-801E81EE90C7.jpg827E0FAE-2D6D-4D4D-B020-7A29AF395EFB.jpg


ですよね〜

もちろんこれは予測していたので新しいエアクリーナーを入れます。

ただせっかくなのでボックスも綺麗にしておかないと773215FA-EFBD-4FD6-B8BC-B70AF5723A65.jpg


高圧洗浄で落とせるだけ泥を落とし、分解して掃除します
C7CF7099-F30B-42A2-B59C-64B262015F69.jpg9BD6041B-CA54-49EF-BCC2-79C42E934DF7.jpgE51EFA6C-183B-4385-80F9-B080D444F130.jpg


ボックスの組み立てには特殊なスポンジ状パッキンが必要なのでだけれど、買っていないし埋まれば何でもいいのでシリコンシーラントで隙間埋め
96D1BAC4-61BB-4523-8760-D2135241A0B6.jpg
D830DFB2-F02A-41A2-ADA6-E17B56FCA686.jpg


そして新品のエアクリーナー
CE8148A3-1344-4E52-8146-1611FD968EF4.jpg


安くて定番のエアーテック。プラス、ワコーズのエアクリーナーオイル

これで吸気系も完璧や。


試しにエンジンをかけてみると、なんと、未調整だけどアイドリングし始めた。
回せば高回転まで一気に吹ける。
たぶんですが、YPVSの固着もないようです。

エンジンは異音も無く、パワーもあるので調子は良さそうですね〜。

最初はかなり邪悪なオイルが噴き出してえらい事にw8C50BE68-E16F-44BE-9055-F78B3D29B15D.jpg


でも吹かしてるうちにこれは減ったようです。音がうるさくなったけどw


後は前後の足回りだけやればとりあえず走れます。
予算がないから後2カ月くらいかける予定でっす_(:3 」∠)_

posted by マチョ鍋 at 23:07| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

10台目(;`・д・´)

先日Jr用にPW80を貰って来たばかりですが、まだまだサイズが大きいしけっこうパワフルなバイクらしいという事で
D615077E-45C6-412C-8FE2-C4B799607FC2.jpg


菌!

菌が来たよ!


3〜4才から乗れそうなキッズオフロードバイクのJR50を譲って頂きました。

年式はどうやら82~84年くらいっぽいのですがまだ良くわかりません。さすがスズキ!


足回りの痛みはあるけれど、子供用だから...

燃料系のメンテナンスを終わらせたら使える感じっぽいですよ。

だけどいよいよガレージがギッシリになりましたwww
どうしようwww


posted by マチョ鍋 at 23:50| 北海道 ☔| Comment(0) | JR50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする