2017年11月17日

[スマロ]エンジンマウント交換

最近YZが続いていたのでたまには違う乗り物をはさみましょう
0B637624-1A98-4D7D-A1A3-1BB37C49E5B5.jpg


本題に入る前に、謎のエンジンストールで今年は入院が多かったスマートロードスターでしたが、SAMユニットというヒューズ回路兼通信中枢回路みたいなボックスがあるのですが、そこに接続されているコネクターの一部配線が劣化により緩み、接触不良を起こしていた可能性がある事が判明いたしました。

実際に配線各部をカシメ直してもらったところ、殆ど症状が収まりました。

殆どというのはテストのために足下ヒーター全開で走行中に、フルオープン走行とはいえ足下にあるSAMユニットの温度が上がってエラーが出てしまったくらい。
それからは500km近く走行していますが、足下温度に気を付けていればエラーは出ない様子です。

電装系も歳を取っているのでいたわって使えと言うことらしいですw


ここから本題。

春の車検の時に指摘されていたエンジンマウントをようやく取り替える事ができました〜。

なんせ安い修理では無いので予算を組んで思い切ってやる必要がありますからね。


こちらが外されたエンジンマウント一式
07DDF001-A419-4259-9E9A-89FEBDC211EB.heic


各部ひび割れやゴムの潰れ等があります
A89A30BE-E510-45EB-9574-5C56B8E95063.heicB761DC1E-5CCF-41D1-B12A-D4D159CDBA9C.heic


これくらいで交換なのかよって思われそうな小さなひび割れですが、スマートの場合は車の挙動や乗り心地に大きく影響が出るのです。

新品マウントに替って初めての試乗。
エンジンをかけた瞬間から、振動の少なさに驚愕してしまいます!

エンジンが揺れ難くなり、クラッチ動作やシフトチェンジもスムーズになります。

部品だけでも3万円以上の整備ですが、お金を出す価値は大いにありますよ!w


ちなみにこのマウントがちぎれると、発進する時などに異音が出るようになるらしく、タイミング的にクラッチからの異音だと感じる事もしばしばあるようです。


走りがギクシャクしていると感じるスマートは一度点検してもらうといいですよ( ◜ω◝ )

posted by マチョ鍋 at 03:31| 北海道 ☔| Comment(0) | スマートロードスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

[YZ]YZ完成!

まずは前回届いたリヤショックをみてみましょう
BC28320F-EB05-4D46-B1D1-4728854323B7.jpg71893DBC-7D2A-43F9-92A7-0C54DA8D58D2.jpg


一応発送前に泥汚れは落としてから送りましたが、さらにピッカピカになって帰ってきました!

中のピストンとオイルシール、ガスタンクのブラダーは新品にしていただきました。ロッドは少し錆があったと連絡が来て再メッキ加工をしていただきました。ボロボロに砕けていたバンプラバーも新品です。

バンプラバー思っていたよりでかいwww

ショック上部の取付け部分のピロボールもグリスアップしてくれていました!そしてプリロードアジャストナットはめくれた箇所を綺麗に研磨してくれています。完璧です!

ありがとうババナショックスさん!工賃以上の素晴らしい仕上がりです!
8CDA7C64-EF43-4893-AC04-0ADFF4233CC9.jpg


この名刺で次回割引してくれるらしいです。

ザックスのリヤショックとかSSのリヤショックとかもそろそろ考えているのでまた利用させて頂きますw


本格的な組み付けを開始
E4F04CFB-07CA-4B47-B008-8EE321C2FED4.jpg


上部ピロボールのオイルシールは砕けてしまったため新品に交換です。このあたりの消耗品は他の年式でも使用していてまだまだ手に入りそうです。


そういえば9BDAC646-6EFC-4984-A804-4E23B61053C8.heic


この全体分解図はボルトの組み付け方向がでたらめだと言う事が発覚したので数カ所直しての組み付けでした。
なんかパーツリストに無い部品も書いてあったり、たまに罠が隠れていますwww


足回りの締付けトルク確認、場所の関係でやっていなかったリヤブレーキフルード(真っ黒だったw)とギヤオイルの交換、リヤサスのサグ調整を完了させて、とりあえず走っても大丈夫なバイクになりました!
64DA9141-45C3-43FC-B19C-3144A2B3A6CF.heic


まだ軽トラが無いので、友達と都合が合う日にテスト走行をしにいきます。

はたしてちゃんと走れるのか!?w
早く試してみたいwヾ(:3ノシヾ)ノシ


posted by マチョ鍋 at 02:41| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

[YZ]リンク周りのベアリングを蘇生ww

‹‹\(´ω` )/››クルクルクル
‹‹\(  ´)/›› クルクルクル
‹‹\( ´ω`)/››クルクルクル
‹‹\(´ω` )/››クルクルクル
‹‹\(  ´)/›› クルクルクル
‹‹\( ´ω`)/››クルクルクル
‹‹\(´ω` )/››クルクルクル
‹‹\(  ´)/›› クルクルクル
‹‹\( ´ω`)/››クルクルクルクルクルクル
\( 'ω' )/わーいw
6836F97F-D0D3-483A-80D7-C86AC48813EC.heic


リヤショックがようやく帰って来たぞ〜w
これでもう完成秒読みなのですが!
その前にリヤショックが帰るまでにやっていた作業をおさらいしようっと。


どうせリヤショックが来るまでたっぷり時間があるのだからという事で、スイングアームも外して各部の掃除とグリスアップをやってました。


スイングアームピボットシャフトは表面が錆びていたけれど固着まではしていませんでした
D3662759-4E69-4ECC-B38F-814A78BEA155.heic


放置していたら抜けなくなるから気をつけないとね((( ´•౪•` )💦



外したところを念入りに清掃。
ビフォー
904A0DF6-0AA9-4C78-966A-FC4D1E42A8AD.heic


アフター
E29E6A09-30C4-4AEB-A17A-A0506C2E7AE1.heic


ああいつかフレームも塗装してキレイにしてやりてぇですねぇ。


スイングアームピボットベアリングのお掃除とグリスアップ。シャフトやカラーも磨いてキレイにしていきます
29A1DFDD-32D0-41C8-BBC9-0F704FDA48F7.heic


左のスラストベアリングカバーがチェーンの噛み込みによって変形していた。部品が入手可能なら取り替えてやりたいけど今回はスルー。スラストベアリングは無事なので不幸中の幸い?


続いてリンクの各部ベアリング
E19E7C36-EC5A-4AAF-B41B-7D8DF7E782B4.heic


ンッフッフwww
ここのベアリング全部固くなってるw


でもニードルは綺麗なので掃除してグリスアップしてやると動きは戻った。蘇生成功w
DB448AA0-FC50-45A9-AE0F-08070CFC123C.heic


リヤショックを取り付けるピロボールジョイントも蘇生成功!
81642BD6-ED06-415A-A822-F1BE546EEC04.heic


ほんとはこういうところにはウォータープルーフグリスを使えとどっかで見たのですが、あまりグリスの種類を取り揃えていないので全部ゾイルグリスです。
人から譲ってもらったりしてなぜかゾイルグリスはたくさん持ってるのでwww

ただ今まで寝かされていた分この辺のグリスはこれから乗り始めたらすぐに汚れるので早めにまた分解掃除をしなければいけなさそうです。


ちなみにベアリングの蘇生とかは自己責任で!本当は打ち換え推奨ですね。マチョ鍋は自分が遊ぶのに困らない状態にできていれば満足なので自分のバイクはインチキ整備でもおk!()


チェーンの長さを変更したいので仮組み
E77C02AD-021B-46DF-959D-4F5B06E569AE.heic


アジャスターが1番後ろの状態でだるんだるんのチェーン。本格運用が始まったらスプロケと共に交換予定ですが、少しの間は1コマカットして使います
74CCED16-9457-4726-9EB5-4B010115EE8A.heic


なぜか左のアジャスターのネジ山が死んでいるので応急処置でダブルナット仕様に
78322EC3-6CAB-4FC7-918E-57AFEBBA1490.heic


同サイズのリコイルキットはあるんですが、下穴ドリルの長さが足りず、まだ直せません(っ'ヮ'⊂)

8.3mmのロングのドリルどっかに落ちてないかなぁww


所々は怪しげな整備で済ませてますがwいよいよとりあえずの完成も近い
D8718E9F-3A73-4704-BA4B-9A22A8C11C8B.heic


次回で仕上げに入ります!٩( 'ω' )و


posted by マチョ鍋 at 21:27| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

[YZ]フロントブレーキキャリパーオーバーホール

はいYZ125、お次はフロントブレーキキャリパーのオーバーホールです。
フロントブレーキは取り回しがキツくなるほど酷い引きずりを起こしています
9BD11C8C-D3C4-48E3-BFE2-A057E3EADEA4.heic


油圧でピストンを押し出そうとしましたが、片方がめちゃくちゃ硬いのでうまく押し出せません。しかもプラスチック製のピストンなのでピストンツールも使えません。


今回はエアーでピストンを押し出しました
DD06B07C-E15A-4062-9635-B77C2D957FFD.heic


片方が真っ先に吹っ飛ぼうとするので抑えながら空気圧を送るのもなかなか大変w
物がいいキャリパーだと片方が出た後も中の通路からもう片方にエアを送れるのですが、このキャリパーはガバガバな感じなので同時に出さなければいけなかったのですw


ダストシールの溝に大量のゴミがたまっています
A619AC9C-8D63-49B8-9178-3E577832402F.heic


大きい塊はツールで剥がして取り除き、表面の細かい腐食みたいなのはスコッチブライトのナイロンパッドで磨きます
F30CA91F-497A-4AA6-9296-A2DEC93BEAAE.heic


スコッチブライトナイロンパッドは金属を磨くのに凄い便利、汚れがごりごり落ちますよ
6752B20D-DDB6-43E3-B977-09EAD76BC50A.heic


掃除が完了したら組んでいきます。
フロントもオールボールスのリビルドキットです。こっちは専用キットなので全部使えます
E86C841B-B253-4205-99F2-13A6D89DD110.heic


オイルシールはフルードを塗って組み付けるのでどうしても綺麗にしたキャリパーが汚れてしまうw(苦手部門w)
ECE4389D-60C1-4AC7-A9EE-DF37AF5DB5CC.heic


ブーツ類も組み付けてキャリパーの形に組み上げます。このキットのブーツ類は新品だからなのか?海外製だからなのか?ちょっと硬めなんですよね。使ってるうちに馴染むかな?
5284296C-22BD-4B3B-83E4-A63AA943A1FB.heic


後はフルードを入れてエア抜きして完成〜。
このバイクはホースの角度が良いのか、ブリーダーを開けておいたら、上のタンクからするするとフルードが降りて行ったのでエア抜きは割と楽でした。


後はリアサスが帰ってきたらすぐに完成出来るように準備するのみ。

フロントが組み上がったので次回はスイングアームを取り外してグリスアップしていきます
F355C3DD-9682-48A0-9B70-E751C66C5EFE.heic


はぁ〜
リヤサスまだかなぁ〜... _(:3 」∠)_ (まだ1週間しか経ってない)



posted by マチョ鍋 at 21:31| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

[YZ]フォークの修理とステムのメンテ

マチョガレにやってきてタンクの掃除から始まったYZのメンテナンスも終わりが見え始めています。

リアショックは先週外してババナショックスさんにオーバーホールを依頼しました
43B1AB72-D275-49C8-BE39-BD60E539C6C1.jpg


ロッドに少しサビがあったらしく、再メッキコースになったのでちょっと納期は延びてますが、今月中は間に合わないかなぁ?w
間に合ってくれると、来月頭にシェイクダウンできるんだけどなぁ_(:3 」∠)_


フロントフォークはシール交換をしてやりました
9F8A3350-3998-4A4D-B1CE-B24F5689F501.heic
89880402-21B9-444F-9841-528333DF5043.heic


中に入っていたオイルが、変質でもしたのか元なのかわからないけど明らかに動粘度が硬めだったのが謎。


新しく入れたのはカヤバ純正カワサキOEM品
90B5B719-6AC8-4A59-8662-7A00023416B5.heic


ヤマハの純正オイルよりコンマ幾らか動粘度が柔らかいですが、ライダーがへっぽこなので柔らかい方がいいでしょうw

カワサキ純正と同じなので余った分はKLXの次回シール交換(たぶんもうそろそろ)の時に使えますw


余談だけどモトクロッサーのフォークって凄い頑丈にできてるんですな。アウターチューブの厚みが結構あってずっしり重いほど。


フォークは組み上がったので、フロントが外れているついでにステムのコンディション確認とグリスアップをしてしまいます
786CF95C-C873-42BF-B3B9-A1E023147CA6.heic


トップブリッジのステムナットが41mmだったのですが、そんなデカイの持ってないのでホムセンに走りましたw

メガネは高すぎて買えないので今回はスパナにしましたが、トルクは100N程度なので十分でした。


ベアリングの確認、ステムレースはほぼ傷なし
D85CD006-FAD7-49A4-B358-80B23C3A470D.heic


下の方に若干の傷があったもののまだイケるのでゾイルグリスをたっぷり塗り込んで組んでやりました。


調整はいつものように慣らし後にフォークの重みで動くくらいに調整
19F317E7-AF99-46E9-80F0-F7C017D377EB.heic
B33D5916-9DB4-4D6B-891C-005372EDF22F.heic


フックレンチが今は1本なので今回の作業で買い足そうと思いました()
ロックナットを無理やり押さえながらトップスレッドを締め付けるのはちょっと苦戦したし、フックレンチは結構安く売ってるので_(:3 」∠)_
BCB20313-3119-431C-BAAF-953553D6778B.heic


グリスの入れ替えでステムの動きはメンテナンス前とは段違いです
462C9759-3083-4BB7-8793-DE632DF6F3AE.heic


ステムを組むときにワイヤーの取り回しを直すのを忘れてたので組んでから修正w
ついでに動きの重たかったクラッチケーブルに給油したら凄く軽くなりましたww


これで残り、フロントキャリパーのオーバーホールをやればエンジン以外ほぼ全てのメンテナンスを完了した事になります。

キャリパーも既に作業中です
762299BB-E3B7-43F5-8F1B-B60B0B8B352F.heic


続きは次回〜( ´◜௰◝`)


posted by マチョ鍋 at 00:22| 北海道 ☔| Comment(0) | YZ125(3JD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする